スキンケアでお肌の管理ぶろぐ

マカロン
ナポレオン
HOME => アンチエイジングはいつから初めるべきか

アンチエイジングはいつから初めるべきか

アンチエイジングはいつから初めるべきかといったととにかく、早いうちからやる事が重要です。



遅くなっても30代から初めておかないと間に合わないです。特に目の周辺の皮膚は薄いため、目元、周りを保湿するのは本当に必要です。


また、凝るのは化粧品だけではなく、バランスの良い食生活を送り、日常のリズムをきちんと整える必要があります。

お肌が荒れているときのお手入れのやり方のポイントは、洗顔することと保湿することの二つです。顔を洗う時の注意点ですが、とにかく肌をこすりつけないようにして顔の汚れを落として下さい。


顔をちゃんと濡らしてから、しっかりと泡立てた洗顔料をのせて、泡できれいにするようにします。


洗顔料を絶対に残留させないように、しっかりすすぐことも重要です。



ニキビがひどい状態の時には、洗顔石鹸を使ってピーリングをしています。



初めてピーリングを行ってみた時には、肌がわずかにヒリヒリとしました。そのため、なんだか怖くなってすぐに止めることにしたのですが、肌が正常になったら、そんなヒリヒリ感は消えて、とてもきれいにニキビが治ってくれました。それ以来、ニキビを見つけるとピーリングをするよう心がけています。

肌のトラブルの中でも男女年齢を問わずに悩むのは、やはりニキビと言えると思います。

一概にニキビといっても、何個かの種類があって、その原因も様々違っています。
ちゃんと自分のニキビの原因を知り正しい治療を心掛けることがきれいな肌になる初めの一歩なのです。40歳以降のお肌のしわケアについて、お悩みを抱えている方が多いと聴きます。

適当な潤いを肌に与えないと、しわができる原因になります。



クレンジング後にコットンに化粧水をふくみ込ませて、パタパタとパッティングするといったのもいいのですが、過度のパッティングになると、逆に、しわが増える原因ともなるのです。適量の化粧水をコットンにとって、軽くパッティングする方法が御勧めです。
日々、長く湯浸かるが好きな私はお肌の乾燥対策のために、いつも洗顔をした後は直ちに化粧水をつけてから、ゆっくり長湯を楽しんでいます。けれども、真冬の時節は化粧水を使うだけでは入浴後の乾燥が気になるため、化粧水の後に保湿美容液もまんべんなく塗って入浴を心がけていますが、この習慣が身につくようになってからドライ肌がおもったより改善されてきました。ひどいニキビに悩まされているからといって顔ばかり洗い過ぎると、実際には必要な油脂まで落としてしまい、かえってニキビの原因となってしまいます。

多くても洗顔は一日に二回程度にしましょう。大事なのは洗顔料をしっかり泡立て、肌にはじかに手を触れさせずに、あくまで泡で洗顔をすること、顔を洗った後にはすぐ保湿をすることです。肌の保湿が十分できていれば、悩みの種となるシミなどの色素沈着も防げます。水分が逃げない、うるおいのあるお肌は肌の水分と油分のバランスが整っているので、きめ細かい肌になっています。



潤いと整ったきめがバリア機能を高め、紫外線による肌奥部のダメージもうけにくく、シミ予防の役割も果たしています。


保湿は欠かさず、乾燥を避けるように注意を払って下さい。
美しい肌造りに欠かせないのが「ポリフェノール」なのは有名ですね。



抗酸化作用が特質のひとつに挙げられます。



体にとってはあまりよくない活性酸素の働きを抑制して、シミ防止にもなりますし、元からあるシミも目立たなくしてくれます。
これは是非とも摂らなければと思う効果が期待できるポリフェノールですけれども、効果を体の中で発揮するのはおよそ3時間といった短い時間。



ですから、美肌(正しいスキンケアと生活習慣(生活する上での習慣をいいます)なくしては実現できません)のためにいいタイミングで摂取するのがオススメです。



肌表面の皮溝と皮丘の模様を観察すると、肌の状態がよくわかります。

なめらかな肌やハリのある肌では皮膚の三角模様が小さく整然としていますが、表皮の乾燥を繰り返してきた部分では模様が大きくなります。

あるいは、皮膚が薄くなって模様が見えないほどになります。



こういう皮膚は保水性が悪いのです。表皮バリアが弱まってくると肌の基底部以深もおもったより傷んできるでしょう。

水分が失われると表皮が薄くなり、当然の結果として「しわ」が出てくるのです。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 スキンケアでお肌の管理ぶろぐ All Rights Reserved.